RACTICA

入門用タブレット

いろいろとこの時期に新装入門用タブレットが出始めましたね。
ちなみに私が最初に買ったタブレットはintuosで、1→2→3と買い換えてきました。
4はちょっと様子見でしょうか。悪くはないと思うんですけど、昔よりソフトウェアが
進化してきたのでハード投資する意味は昔よりは薄くなってきたかなと。

さて年末商戦に突っ込んできた入門用タブレットですが、コレコレでしょうか。
後者のPTB-MTPVはpixiv公認という文字が躍ってますね、実際pixivでも
広告打ってますし。どうやら実売は4000円程度らしいですが、はてさて。
前者のWACOMのBanboo Comicの方は少し値が張り10000円程度、っていう
とこですね。同じ入門機なのにこの6000円の違いはなんなの?バカなの?
って感じる人多いと思いますが、実際この2機種、大した差は無いと私は思います。
どちらもエントリーモデルですし、若干PTB-MTの方が認識が甘い、かな。位の差です。
Banbooの方が耐久性や外装が上質でしょうか。マルチタッチ機能は…どうなんだろう。
使うのかなぁ…タッチ機能に関してはこっちの動画をご覧くだされ。
見た目、耐久、新機能、あたりを重視するならBanbooも良いですね。
あといくつかソフト付いてくるのでソフトなんかないわヴォケ!って言う人には良いかなと。
せっかくタブレット買ってもソフトがMSペイントしかないっていうのは意味ないですからね。
ただBanbooの方はPixia入れるならSAIも入れろよ…と言いたくなるような感じです。

個人的入門オススメはPTB-MTPVにソフトとしてSAI、Photoshop Elementsかな。
ペンタブに4000円、SAIで5000円、PEに13000円で計22000円位でしょうか。
慣れてきて、もっと広いペンタブが欲しい!ってなったらintuos4あたり検討してみたら
どうかな、という具合ですね。ソフトだったらpainterなんか面白いんですが、SAIが
かなり優秀なので無理して使う必要はないかな。

長々と書いた割には実がない日記なのぜ…。

2009.11.19